トップ じんましん(蕁麻疹)の原因と治療ガイドについて 相互リンク お問い合わせ サイトマップ




じんましん(蕁麻疹)の原因と治療ガイドTOP

じんましん(蕁麻疹)の原因と治療ガイド詳しく解説イメージ

じんましん(蕁麻疹)でお悩みの方も多いかと思います。

何を隠そう、当サイトの管理人もじんましん(蕁麻疹)が時々あって、これまでにじんましん(蕁麻疹)に関する本や雑誌をいろいろと読んできました。

じんましん(蕁麻疹)は、蚊に刺されたときのようにかゆみがでて、赤く盛り上がり、それがつながってまるで地図のように広がります。そして、腫れが出ては消えるといったことを繰り返すのが特徴です。

1つの皮疹の持続は普通1日以内といわれています。こういった繰り返しが一ヶ月ぐらいで治まる場合は、急性のじんましん(蕁麻疹)、一ヶ月以上続く場合は慢性のじんましん(蕁麻疹)といわれています。おおむね、急性じんま疹は、アレルギー性が多いいそうです、慢性じんま疹の場合は非アレルギー性が多いようです。

Yahoo!ヘルスケアによれば、じんましん(蕁麻疹)というのは、ヒスタミンなどが血管に働き、血管を開き赤くし(紅斑)、さらに血漿(けっしょう)という血液中の液体成分が外に出て一時的にむくんで盛り上がる(膨疹〈ぼうしん〉)病気というように書かれています。ヒスタミンなどの物質は神経にも影響し、かゆみも生じます。このヒスタミンは肥満細胞という細胞から放出されるということです。

じんましん(蕁麻疹)にはアレルギー性と非アレルギー性の2つがあるといわれています。

当サイトでは、じんましん(蕁麻疹)が何故起きるのか、どんなときに起きるのか。妊娠中や病原菌との関係などから起きるじんましん(蕁麻疹)。さらに、じんましん(蕁麻疹)についての予防方法や、漢方などの情報などを解説致しました。といっても、管理人自身は、医師でもなく、病気についての素人ですから、情報に誤りもあるかもしれません。情報はなるべき精査して掲載していますが、このような理由、ご了承下さい。

じんましんがなぜ起こるのか、どのような種類があるのか、そしてどのようにして治療をすればよいのかということをぜひ、当サイトで確認してください。


スポンサードリンク

じんましん(蕁麻疹)の原因と治療ガイド記事一覧

じんましん(蕁麻疹)の原因と治療ガイド

じんましんを知ろう

じんましんの種類はさまざま

じんましんの治療

じんましん対策

じんましんとアレルギーの病気

じんましん以外にもアレルギーの病気はたくさんありますので、見ていきましょう。 まず、「アレルギー」と言えば「喘息」を連想する人が多いのではないでしょうか。 喘息は気管支が炎症を起こして発症する病気のひとつで、呼吸がしづらくなって息苦しくなると言う大変苦しい病気です。 喘息を起こすアレルゲンは人によって様々ですが、良く言われるのが「ハウスダスト」、つまりホコ

今日のお勧め記事 ⇒ なぜ発症するのか

じんましんの多くは「アレルギー症状」と言われていますが、ここで重要なのが「どうしてアレルギー症状が起きるのか」と言うことです。 人の身体には「身体に害を及ぼす物質を追い出す」と言う機能がありますが、これが過剰に働いてしまうことが「アレルギー反応」です。 一番解りやすいのが「花粉症」ですが、花粉症は「身体の中に花粉が入って来ないようにするだけ」で構わないのに、鼻水やくしゃみなどの症状が起きてしまうことも多いですよね。 これがアレルギー反応で、「害を及ぼす物質を追い出そう」とす